So-net無料ブログ作成
検索選択

展覧会の絵 [CD・DVD]

次のCDは昨年購入したものです。

ムソルグスキー
組曲 展覧会の絵(ラヴェル オーケストラ編曲)
ベルリンフィルハーモニー管弦楽団(1965,1966)
カラヤン指揮

組曲 展覧会の絵(ピアノ)
ラザール・ベルマン(ピアノ)(1977)
UCCG-5051

ムソルグスキーは禿山の一夜といい、この曲といい義務教育の中で良く紹介される。曲としては写術的・描写的なため、初心者にも分かり易いためでしょう。この曲はうちの子どもたちのクラシック入門のために購入しました。しかも、ピアノ曲ですから、ピアノの勉強にもなります。ただし、ピアノ曲としては難曲だそうです。

この曲を簡単に紹介すれば、ムソルグシキーの生前は発表されることはなく、リムスキー=コルサコフにより発見され、編曲され発表されたそうです。それはあまりに斬新だったのでコルサコフが常識的に編曲したという話もあるようです。その後、ラヴェルによりオーケストラ版に編曲され、世に知られるようになったものです。よって、原典のピアノ版はオーケストラ版が有名になった後、知られるようになったそうです。

この曲はご存じのように、一枚一枚絵を見て歩くように作られています。私がこの中で1番好きなものは昔からビドロ(牛車)です。どうしてもこの曲がDTMで演奏したくなり、すでに打ち込み開始しています。今回の記事はビドロプロジェクト開始報告みたいなものです。第1印象は音符のみのべた打ちでもそれなりに聞こえてしまう曲のようです。しかし、ここはこうしたいというのもいろいろあり試して見たいところです。

ビドロってどの曲だったか思い出せない方は[2]を見てください。ビドロだけの演奏はなかなかありませんでしたが、その中でも私のイメージに近いものはこれです。

[関連情報]
[1] 展覧会の絵, wikipedia
[2] Bydlo, You tube


2010-04-04 23:00  nice!(8)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 19

Enrique

ムソルグスキーの「組曲・展覧会の絵」と聞くと,私のような中年ギター愛好家は山下和仁少年!のギターの演奏を思い出してしまいます。
ラヴェルの色彩的なオーケストレーション,山下さんのすさまじいギター演奏。からすると,原曲のピアノのほうが何かあっさりと聞こえてしまいますが,このビドロあたりはピアノの迫力がありますね。
by Enrique (2010-04-05 00:43) 

REIKO

「展覧会の絵」というと、どうしてもエマーソン、レイク&パーマーを思い出してしまう私です。(^ ^;)
ロック版から入ったので、オーケストラ版はどうしてもモサモサ&ノロノロしていて、シャープさが足りないと感じてしまいます。
むしろピアノ版の方が、スッキリしていて好きですね。
でももう、発想が「ピアノ曲」の範疇を超えているんですよね・・・
それだけムソルグスキーは、とてつもない創造力を持った作曲家だったのでしょう。
ただそれを、きちんとまとめ上げる根性が足りなかった・・・(笑)

それでは、「ビドロプロジェクト」の今後の展開を楽しみにしています♪
by REIKO (2010-04-05 01:10) 

yablinsky

Enriqueさん、コメントありがとうございます。山下少年(?)は知っていましたが、展覧会の絵も演奏していたのですね。すみません。知りませんでした。私も原曲のピアノの展覧会の絵はあっさりしている印象を持っています。
by yablinsky (2010-04-05 01:34) 

yablinsky

REIKOさん、コメントありがとうございます。え?ロック版ですか。すみません。知りません。世の中いろいろあるのですね。ピアノ曲の範疇を超えているというのは、その通りだと思います。私の想像ではオーケストラ版をムソルグスキー自身が作るつもりでとらえずピアノ版を作ったのではないかと思います。もちろん根拠はありません。
by yablinsky (2010-04-05 01:39) 

Caelum

そういえば、展覧会の絵はグリコ ドロリッチのCMに
使用されておりましたネ(アレンジ版)
http://www.youtube.com/watch?v=qVQSQGPOKkY

最近はこんな感じでクラシック曲がアレンジされる事が
多くなってきましたネ
by Caelum (2010-04-05 02:24) 

yablinsky

Caelumさん、コメントありがとうございます。
おお!使われてますね。うちにはテレビがないので、初めて見ました。すごくアレンジされていて、すぐに分かりませんでした。
by yablinsky (2010-04-05 07:23) 

yablinsky

tamanossimoさん、いつもniceありがとうございます。
by yablinsky (2010-04-05 07:28) 

Cecilia

私もREIKOさん同様ELPに馴染んでいます。
(夫がよく聴くため。)
ロック版とは言え、ほとんど原曲に忠実だと思います。
結婚してからオリジナルを聴いた夫が「ELPのオリジナルだと思っていた部分はそうでなかったんだ~!」とショックを受けていました。
http://www.youtube.com/watch?v=yyys4gm01A8
続きは辿ってご覧ください。
ELPはクラシックファンでも好きな人たちが多いと思います。

ピアノ演奏で気に入っているのは大好きなフレディ・ケンプの演奏です。

by Cecilia (2010-04-05 10:04) 

わかたかたかこ

こんにちは~♪

>「展覧会の絵」というと、エマーソン、レイク&パーマー

私もです。プログレは苦手だけどあのアレンジはいいですね。

ではまた
わかたかたかこ

by わかたかたかこ (2010-04-05 16:09) 

yablinsky

Ceciliaさん、コメントありがとうございます。見ました!ELP版まだ慣れていませんが、なかなか良いです。「展覧会の絵」がこれほど演奏できるのは、技術的にしっかりしているのでしょうね。
by yablinsky (2010-04-05 20:37) 

yablinsky

わかたかたかこさん、コメントありがとうございます。たかこさんもELPですか。いやいや私は全く無知でした。
by yablinsky (2010-04-05 20:39) 

yablinsky

matchaさん、いつもniceありがとうございます。
by yablinsky (2010-04-05 20:39) 

nyankome

私はベルマンのLPを持っています。
結局このCDも買いましたが。(^_^;)
ピアノによる演奏は、このベルマンのものが一番好きです。
私は「古城」が好きです。
by nyankome (2010-04-06 01:36) 

yablinsky

nyankomeさん、コメントありがとうございます。「古城」いいですよね。私もオーケストラ版ではビドロ、古城、キエフの大門が好きですね。それが、ピアノ原版になるとビドロがダントツです。このCDはベルマンが目的でなく、「展覧会の絵」のオケ版とピアノ版を両方ほしかっただけなのですが、これが当たりでベルマンいいですね。

by yablinsky (2010-04-06 07:30) 

yablinsky

広島ピアノさん、niceありがとうございます。
by yablinsky (2010-04-06 23:30) 

yablinsky

optimistさん、niceありがとうございます。
by yablinsky (2010-04-07 07:37) 

ぱえ

わぁ!!展覧会の絵が話題なんですね!!
思わず飛びついてしまいました^^ 大好きなんですよね。
ムソルグスキー先生のインスピレーションには感心します。

ビドロが一番好きというのは渋いですね。
この曲は重々しいけれども、力強くてピアノの華やかさと力強さがマッチしていますよね。
DTMでアップされる日を楽しみにしてます!

因みに、私もこのCD持ってます。
実はアレクシス・ワイセンベルクのキエフの大門を先に聴いてしまい
こちらに心酔してしまったので、ベルマンの方は自分の中では
ちょっと違うイメージなんですよね。。。
すりこみ現象かもしれませんが^^;
by ぱえ (2010-04-08 07:52) 

yablinsky

ぱえさん、コメントありがとうございます。私はベルマンしか持ってませんが、ベルマンは私にはあっさりした印象です。私のDTMではビドロはもっと感情を込めるつもりです。ピアノ版はオケ版と比べて力強さが足らない印象です。その点、ビドロはオケに負けていません。
by yablinsky (2010-04-08 22:55) 

yablinsky

江州石亭さん、niceありがとうございます。
by yablinsky (2010-04-09 08:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。