So-net無料ブログ作成
検索選択

ユリアンナ・アヴデーエワ、世界デビュー [リサイタル・コンサート]

長女、次女そして家内とNHK交響楽団の定期演奏会(2010年12月4日、NHKホール)に行ってきました。今回の定期演奏会は通常の定期演奏会ではありません。演目は

1) ショパン / ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11

2) ストラヴィンスキー / 交響詩「うぐいすの歌」

3) ドビュッシー / 交響詩「海」

です。指揮はいつものシャルル・デュトワです。何が特別かといえば、ショパンのピアノ協奏曲のピアニストはショパンコンクールで優勝の

ユリアンナ・アヴデーエワ(Yulianna Avdeeva)

でした。今回がショパンコンクール後、初の演奏会だそうで、世界デビューが日本だそうです。満席の会場にアヴデーエワさんが現れました。やはり、服装が気になるところですが、ショパンコンクールと同じでドレスでなく黒のスーツです。かっこいいです。ショパンコンクールでは私が好きな演奏スタイルの人は決勝に残れなかったのですが、ファイナリストの中ではアヴデーエワさんは好きな演奏です。コンクールの演奏と比べると魂の演奏とまでは行きませんが、すばらしい演奏でした。ショパンコンクールのときも何度も照明が落ちるというアクシデントの中の優勝でしたが、今回の演奏会でも誰かが着メロを流すというハプニングがありましたが、無事に乗り切っていました。妙にホルンの音が大きかったのが気になりました。座った席の問題でしょうか。ホルンだけ響いてきました。席は家族で行ったので最も安いE席(1500円)でしたので文句言えません。演奏が終わると客席だけでなくオーケストラにも頭を下げていました。日本だからなのでしょうか?アンコールは

ショパン マズルカ op.67-4 a-moll

でした。今もこの曲を聴きながら記事を書いています。うぐいすや海をやっているうちに帰られたようでサイン会がなかったのが残念でした。ガラコンサートも予定されていますが、こちらには行かない予定です。

今後の活躍を期待します。アルゲリッチのようになってください。日本人にはなかなか名前を覚えてもらうのが難しそうです。うちの子供たちにも何度も教えているのですが、未だに覚えられないようです。

ショパンコンクールのときの演奏はこちらでどうぞ。

http://konkurs.chopin.pl/en/edition/xvi/video/3_Yulianna_Avdeeva


2010-12-05 23:00  nice!(9)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 9

コメント 15

Enrique

FM放送で聞いていましたが,流していただけだったので,あまり注意して聞いていませんでした。冒頭聞かず,聞き終わってから,アヴデーエワさんの事を,山田美也子さんが男装の麗人?とかジョルジュサンドのような?とか言って紹介していました。知っていれば,気合いれて聞いていたのに!と思いました。ものすごい拍手でしたね。
場所による音の違いは結構あるのでしょうね。コンサート中席を替えて音の違い確かめたいものですが,出来ません。NHKホール,音響はクラシック向きでないと言われていますね。しかし,優れた演奏者はホールの響きによっても弾き方を変えているような気がします。
ショパン国際の優勝者,早々に生で聞けたのは素晴らしい事ですね。
by Enrique (2010-12-06 08:07) 

ワカタカタカコ

優勝者、 デビュー 早いの でしょうか?
by ワカタカタカコ (2010-12-06 18:50) 

nyankome

早速デビュー・コンサートに行かれたのですね。
ガラ・コンサ-トは確か大阪でもある筈ですが、チケットはもう売り切れたかな。
若い頃、学生割引で大フィルの定演によく出掛けていたのですが、コントラバスのすぐ前だったりして、他の楽器の音が聞きづらかったことを思い出しました。
by nyankome (2010-12-06 21:46) 

yablinsky

Enriqueさん、コメントありがとうございます。NHKホール自体にクラシック向きでないと書かれていました。ちょっと自虐的です。FMでも放送されたとは知りませんでした。今年は家族でショパンコンクールを楽しみましたので、このコンサートはよい思い出になりました。
by yablinsky (2010-12-06 22:44) 

yablinsky

ワカタカタカコさん、コメントありがとうございます。会場取ったりして、結構時間がかかると思います。今回のコンサートもショパンコンクール優勝者のためのコンサートでアブデーエワさんのために準備されたものではありませんでした。
by yablinsky (2010-12-06 22:47) 

yablinsky

nyankomeさん、コメントありがとうございます。今回のショパンコンクールは日本人が入賞せず盛り上がりませんでしたので、もしかしたらチケットありかもしれませんよ。

今回は一番後ろの席だったので、不思議です。ホルンの音だけあちこち跳ね返って私の席で重なり合ったのでしょうか。それともデュトワが指示したか・・・・・
by yablinsky (2010-12-06 22:51) 

yablinsky

Webプレス社さん、1111個目のniceありがとうございます。
by yablinsky (2010-12-06 23:09) 

yablinsky

optimistさん、niceありがとうございます。
by yablinsky (2010-12-06 23:10) 

yablinsky

tamanossimoさん、niceありがとうございます。

by yablinsky (2010-12-07 07:17) 

matcha

ユリアンナ・アヴデーエワ、なかなか独自な叙情的歌い方をする演奏家という印象ですね。
もっと叙情性に磨きがかかってきそうな、大きくなる資質を持っていそうですね。
将来が、楽しみです。
by matcha (2010-12-08 21:51) 

yablinsky

matchaさん、コメントありがとうございます。ファイナルに残った人に中では確かに叙情的ですが、ファイナルに残れなかった人にはもっと叙情的な方もいました。ショパンコンクールは高度すぎて私には理解できませんでしたね。
by yablinsky (2010-12-09 00:02) 

yablinsky

ぼんぼちぼちぼちさん、niceありがとうございます。
by yablinsky (2010-12-09 23:11) 

江州石亭

エアチェックもし忘れていたくらいですから、録画予約でもしておいてゆっくりと聴きたいと思っています。でも彼女ショパンコンクールエントリーのDVDでは録音状態が悪かったらしく、一端は落とされたのですが、予選(Elimination round)への追加枠を増やしたことで救われた経緯がありますから、やはり運をもっている人でしたね。
by 江州石亭 (2010-12-11 20:30) 

yablinsky

江州石亭さん、コメントありがとうございます。放送は確か26日ですね。しかし、DVDの予備審査で落とされていたとは初耳でした。すごく劇的ですね。
by yablinsky (2010-12-11 20:53) 

yablinsky

Caelumさん、niceありがとうございます。
by yablinsky (2010-12-24 08:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。