So-net無料ブログ作成

もう1つの交響曲第1番「巨人」(マーラー) [マーラー]

マーラーと言えば交響曲の印象が大きいのですが、交響曲の他にマーラーが精力を費やしていたと思われるのが歌曲です。声楽をされている方には常識かも知れません。マーラーは生活と名声のために指揮をして、本当にしたかったのは作曲だったようです。この歌曲はヨハンナ・リヒターに対する思いを書いたものだそうです。

歌曲
Lieder eines fahrenden Gesellen
さすらう若者の歌
Gustav Mahler

この歌曲との出会いは私にとって驚きでした。何気なく、歌曲集を聴いていたのですが、突然、交響曲第1番[1]のフレーズが始まったのです。そしてしばらく聞いていると交響曲第1番の第3楽章も始まったではありませんか。作曲時期を改めて調べてみると次のようになっています。

1884-1885 作曲 ピアノ伴奏
1884-1888 交響曲第1番「巨人」作曲
1891-1896 改定 オーケストラ伴奏
1897 初演(オーケストラ伴奏)

ほぼ同時期の作曲で、歌曲の方が早いとされています。交響曲第1番は自然崇拝、英雄の曲のイメージ[1]ですが、この歌曲のテーマは失恋です。どうもイメージが合いませんので、個人的には別の曲と考えながら聞きます。もしかしたら「巨人」も失恋しているのでしょうかね。それともマーラーが巨人なのか・・・歌詞が気になるところですが、wikipediaに和訳[2]が載ってますので、ご覧ください。交響曲中の独唱・合唱と違ってマーラー自身の作詞だそうです。

1, Wenn mein Schatz Hochzeit macht 彼女の婚礼の日は

恋する人の結婚式。もちろん自分とではありません。あなたならどう過ごしますか?全部動画を載せるとメリハリがつきませんので、ここは見送ります。動画を見られたい方は[3]にリンクを付けておきます。

2, Ging heut' Morgen uber Feld 朝の野原を歩けば

交響曲第1番「巨人」第1楽章のメロディがいきなり流れます。結婚式のたぶん翌日。自然の中を歩くと自然はなんと美しいのでしょうか。希望が見えて来ます。



3, Ich hab' ein gluhend Messer 燃えるような短剣をもって

一転して激情が表に出ます。しかし後半はまた悲しみの中に戻ってゆきます。この楽章もリンクだけ付けておきます[4]。

4, Die zwei blauen Augen 彼女の青い目が

交響曲第1番「巨人」第3楽章の中で使われています。「どうしてその青い目で私を見つめたのだ」と言われても相手の方もどうしようもないですが、本人が一番どうしようもないのかも知れません。どうも以下の画像変です。音声は大丈夫です。



もし交響曲第1番が独唱付きだったらと考えても面白いかも知れませんね。もしかしたらマーラーは考えていたかもしれませんね。

[関連情報]
[1] マーラー:交響曲第1番「巨人」Der Titan, 2010/07/15
[2] さすらう若者の歌, wikipedia
[3] 第1楽章
[4] 第3楽章


2010-08-29 12:00  nice!(11)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

生誕・没後~周年 [随想]

この記事で100記事目のようです。音楽が最も不得意な人間が始めた音楽ブログにしてはよく続いているなと思っています。仕事は音楽と関係ないし、楽器の演奏が趣味であるわけでもないので、ブログを始めた時点で書きたかったことはもう全部書いたという感じで、ネタ切れとの戦いが最近は続いています。100記事も書けたのは、いつもご訪問頂きコメント頂く皆さんのおかげとこの場を使い心から感謝申し上げます。niceを頂いている人にも感謝します。では本日の記事です。

ご存じの通り、クラシックの世界で毎年皆が心待ちしている新作が発表されたり、皆が支持する新人が生まれたりしませんので古い時代の作曲家を大事にします。そこで作曲家の生誕~周年や没後~周年というのがなかなか重要なことになっているようです。

クラシックの世界では作曲者は星の数ほどいますが、皆が知っている有名な作曲家で今年記念の年を迎えたのが
2010年 生誕200年 ショパン(1810-1849)
2010年 生誕200年 シューマン(1810-1856)

です。今年のピアノのリサイタルはショパンが大半ですね。そして例年よりシューマンも多いようです。マスコミもこの2人を取り上げることが多いですね。このブログを訪問頂いている方には分かると思いますが、もう1人忘れてもらっては困るのが

2010年 生誕150年 マーラー(1860-1911)

です。ファンとしてはどうも先の2人比べて陰が薄いのが気になります。それで私のブログくらい盛り上げようとマーラー特集をしている訳です。しかし彼の没年をみると、なんと来年もマーラーイヤーではありませんか!

2011年 没後100年 マーラー(1860-1911)

来年もマーラーイヤーを楽しめるとはうれしいですね。ということで、このブログが続いていればマーラー特集も続くことになります。もっともそんなにネタはないのではないかと不安ですね。もう1つ、鬼が笑いそうですが、来年忘れてはいけないのが

2011年 生誕200年 リスト(1811-1886)

です。リスト全集などCDもいっぱい出そうで楽しみです。リサイタルもリストが増えそうです。ただ、子どもが演奏する曲としては難曲ぞろいですね。あまり先を考えても楽しみがないので調べるのは2011年までとしましょう。


2010-08-26 00:00  nice!(12)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

映画「マーラー」 [マーラー]

いつもこのブログをご訪問いただくワカタカタカコさんから「マーラー」という映画を紹介してもらっていました。マーラーファンですが、映画ファンではないので見たことがありませんでしたので、レンタルしてみました。

映画「マーラー」(1974)
監督:ケン・ラッセル

これは誰にでも薦める映画ではありません。面白くないというわけでなく、一言で言えば、アバンギャルドです。アバンギャルドでもいかにも70年代風です。その後のハリウッドを中心とした映画の発展を見ていると、やはり一般大衆は映画にはリアリズムを求めていることを市場が物語っています。SFであっても、実際にありそうな雰囲気が大切で、一般聴衆を引き込むことができます。

この映画、いかにも前衛的で、はじめから家が燃えたり、カイコの繭から妻のアルマが生まれ、マーラーは石だし、映画にリアリティ以上の芸術を求める人向けです。でも話がめちゃくしゃではなく、ちゃんとマーラーの人生を描いています。マーラーファンとしてみてよかったと思いました。最近でもNHKがたまにこの映画のような前衛的ドラマをつくることがありますが、たぶん視聴率は取れてないでしょうね。

交響曲第9番と作曲家の死を気にしていたマーラー。職を得るために改宗したマーラー。なき子をしのぶ歌を作曲し、本当に子供を失ったマーラー。など主要なところは描いています。また、アルマの存在はこの映画の中では大きく描かれています。実際、アルマがグスタフ亡き後マーラーについて語ったものが、マーラー像を作り上げていますので、順当なところです。

映画ファンでないので、十分に論評できません。映画やこの作品についてご存知の方はいろいろ教えてください。

追伸:nyankomeさんのコメントにコメントしていて内容を追加することにしました。

この映画にはBGMとしてマーラーの交響曲を中心とした曲が使われています。そのほかワグナーも一部使われています。マーラーファンがその音楽を楽しむためにこの映画を見るという楽しみ方もあります。また、マーラーの音楽を知りたい人が入門するにもよいかもしれません。

ところで、1つ感じたのはマーラーの交響曲は、マーラー自身の人生を描くのにも壮大すぎるということです。


2010-08-22 00:00  nice!(10)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ピアノがやってきた! [音楽日記]

ついにピアノがやっていました。朝、8時に到着だったので私もまだ家にいました。長女が試弾して、電子ピアノと比べて音がかなり外へもれる感じがします。長女によればキーが1つ調子がおかしいとのことです。今度調律師さんに見てもらいましょう。詳しくはまた後日もう少し弾きこんで報告します。

right.JPG left.JPG

交差式ステレオ写真

部屋の様子をステレオ写真(立体視できる写真)でどうぞ。ステレオ写真に平行式と交差式と2種類あります。平行式は視線を平行にして、右目で右の写真を見て、左目で左の写真を見ます。私も子供のときかなり訓練しましたが、見えるまでにかなり苦労します。もう1つが交差式で「より目」ができる人なら比較的簡単に立体写真が見えます。この写真は交差式です。画面の正面で「より目」をして、左目で右の写真を、右目で左の写真を見ます。3つの写真が見えるかも知れません。そのとき真ん中の写真にピントがあえば、立体視できます。見えましたか?ちょっと訓練が必要です。

さて、手前が本日来たYAMAHAのピアノです。その奥がこれまで使っていた電子ピアノ、そしてその奥が私のデスクです。私のデスクのPCと電子ピアノはMIDIケーブルでつながっています。

[関連情報]
[1] ピアノ購入, 10/08/15
[2] ピアノ購入計画, 10/01/23


2010-08-19 00:00  nice!(12)  コメント(26)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ピアノ購入 [音楽日記]

前にうちは電子ピアノなのでアコースティックピアノの購入計画があるということを書きました[1]。実は先週の土曜日(8月7日)にピアノを買いに行ってきました。新品ははじめから考えてはいませんでしたが、ピアノの先生のピアノがYAMAHAなので、YAMAHAの中古を予定しておりました。

店はYAMAHAやKAWAIなど楽器メーカとは関係ない独立系の店です。店内を一周してみて候補となるアップライトピアノは3台でした。いずれも1970年前後の古いピアノで30万程度でした。でも40万出せばグランドピアノも買えることが分かりました。グランドピアノはなんとか家に入るのですが、くつろげなくなるので、万が一、音楽で進学したいといった場合に買い換えればいいのではと思います。まあ、今の調子ではその可能性は少ないと思いますが・・・

長女に試弾させ、3台の中から、長女が気に入ったものを選定しました。私が聞いてもその1台が良いように感じました。中を見ても問題なさそうだし、購入しました。次女は最後までグランピアノがいいといってましたね。

それからが大変です。自宅でテレビを置いていたラックを2階にあげ、こまごまとした片付けです。今週末は片づけで終わりそうです。しかし暑さもあり、疲れました。ピアノの到着は今月18日です、到着したらまたお知らせします。

この程度の値段のピアノでどこまで満足できるか、何が不満に感じるか興味あるところです。ところでAugust Hoffman[2]というブランドをご存知でしょうか。現在はアメリカの会社で工場は中国だそうですが、なんと、新品で30万程度でした。

[関連情報]
[1] ピアノ購入計画, 10/01/23
[2] Piano Standard


2010-08-15 00:00  nice!(10)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ショパン全集 [CD・DVD]

このブログはピアノのブログのはずが、いつの間にかマーラーなどピアノに関係しない話題が増えてきました。実はマーラー全集と同時に購入したCDがあります。

CHOPIN COMPLETE EDITION
Deutsche Grammophone
5728yen(amazon)

もちろん今年が生誕200年でそれを記念して出されたものです。17枚のCDで構成され、少々の誤差をあるにせよ、全曲入っているとか。

子供とリサイタルに行くときはいつもできるだけ予習をしていきます。まず予定曲目から手持ちのCDとネット上で音源を集め、CDにして車の中などで聞かせるのです。クラシックは聞きなれるまでなかなかよさが分かりませんので、リサイタルの代金を無駄にしないためにも予習は必要と考えています。しかし、実際問題、音源を集めるのがとても大変です。そこでこのショパン全集の購入を考えました。たぶん、私の知らない曲をあるだろうと思い、それを聴くのも期待しています。マーラーばかり最近は聞いていましたので、まだまだ2枚しか聞いていません。

最近、長女はオケが気に入り、また、ピアノ協奏曲を聴きたいと言います。前に私とリサイタルへ行った小林愛美さんのショパンピアノ協奏曲第1番がよかったようです。ショパンばかりでなくラフマニノフもいいよ薦めますが、まだラフマニノフのよさはまだ分かりませんかね。ベートーヴェン・モーツァルトが先でしょうか。そういえば、今年は生誕200年のショパンとシューマンばかりリサイタルに行ってます。シューマンは私抜きで長女と家内でコブリンのリサイタルで聞いてきました。私はマーラーも行きたいのですが、まだ薦める勇気がありません。

[関連情報]
[1] Gustav Mahler Complete Edition, 10/07/11


2010-08-12 00:03  nice!(9)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

驚愕の結果とは [音楽日記]

私のDTMの演奏をYou Tubeに投稿していますが、どうも間違ってYou Tubeのプログラムが私のアップロードした演奏はSONYから出ているCDの演奏をそのままアップロードしたとみなしてしまっているようだという報告をしました。このまま何もしなくてもかまわないのですが、ブログネタのためにも異議申し立てをしてみようと思い、申し立てしました。その結論が帰ってきました。

YouTubeSONY.jpg
(クリックすると拡大されます)

その結果とは、上の文章は読みにくいので解説します。
 コンテンツ所有者=SONY
 著作権侵害の申し立て=SONYの申し立て
とすれば読みやすくなると思います。分かりやすく翻訳すると

「私の異議申し立てをSONYが審査し、SONYが正しい、すなわち私の異議申し立ては不当であると結論がでました。」

ということのようです。解釈あってますよね。びっくりの結果です。ちゃんとどのCDのどの部分をコピーしたか指摘して欲しいところです。「そんなにうまかったですか?SONYさん!」

私の演奏を聴いてみたい人は[2]でどうぞ。

[関連情報]
[1] You Tubeの著作権情, 10/07/18
[2] ムソルグスキー : ビドロ 「展覧会の絵」より, 10/06/17


2010-08-08 23:00  nice!(10)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

絶望から希望へ [マーラー]

若い頃はとにかく勢いの良い曲が好きでした。例えば、前にも紹介したショスターコビッチの交響曲第5番、ストラビンスキーの「春の祭典」「火の鳥」、チャイコフスキー交響曲第4番、第5番、そしてマーラーの交響曲の数々。しかし人生経験を重ねると他の曲調が好きになってきます。例えば今日の記事にするのは、深い悲しみからそれを乗り越えて希望が見える曲です。まあ、他の楽章は結構勢いがあったりしますが・・・


[A] マーラー 交響曲第3番 第6楽章
ロンドンシンフォニーオーケストラのYou Tubeページより



ロンドン響、こんなページを持っているとはやりますね。全部は聞かなくてもいいのですが、最初と最後だけ聞いてみてください。最初の絶望からだんだん盛り上がって行き、最後は希望が見えたでしょうか。



[B] マーラー 交響曲第5番 第4楽章
kaburagi10さんによるDTMでどうぞ。



すばらしいDTMの演奏です。実際の演奏で著作権の問題のない動画は見つけることができませんでした。この曲も絶望の曲ですが、最後は盛り上がり希望が見えます。マーラーは絶望だけでなく最後は希望を見せてもらえるところが好きです。


[C] チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」 第4楽章
PINAより武久源造氏によるピアノの演奏



この曲は3楽章と4楽章を入れ替えれば、最後は盛り上げて終わりとなり、通常の交響曲になります。しかしチャイコフスキーは最終楽章を悲愴なものにしたのです。この曲は著作権の問題のないオケの演奏は見つからず、この前からグレーとしていたPTNAの音源です。いろいろな人のコメントをいただき、PTNAは埋め込んでも良いと考えました。PTNAですからピアノであり、オケではありません。You Tubeには問題ありそうな動画たくさんありましたので、そちらが良ければ探して見てください。

この曲、悲しみからだんだん中盤で希望が見えて来ます。しかしながら最後はやはり悲愴な終わり方をします。そこがちょっとマーラーとは違いますね。

ここで突然

[のだめクイズ]

のだめファンのためだけののだめクイズです。映画版最終楽章前編の最後の最後はお決まりのラプソディインブルーでしたが、その前、シュトレーゼマンは耳が聞こえなくなりつつあり、のだめはコンクールに出られず、千秋先輩との仲も怪しくなり、すべてが悲劇的になるラスト。そのシーンのBGMは上記3つの交響曲[A][B][C]のどれでしょう。

答えは


2010-08-05 00:00  nice!(13)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

再びPTNA ピアノ曲事典 [リンク集]

PTNAのピアノ事典は前に記事にして紹介したことがあります[1]。当時はmp3もうすぐダウンロードできなくなるということを書きました。PTNAのウェブページのピアノ曲事典は質の高い若手ピアニストの演奏をウェブページで聞けるというサービスです。これまではmp3による公開でしたが、今ではYou Tubeによる公開に変わっています。といっても大半は以前の音源のままなので、静止画をつけただけです。

PTNA ピアノ曲事典

PTNAのウェブページ
http://www.piano.or.jp/enc/

You Tubeのページ
http://www.youtube.com/user/ptna
上記ページからお好みの演奏家や作曲者を選び、「動画」をクリックすれば、You Tubeの演奏が始まります。ここで問題なのは利用規定です。mp3公開時代に作られたものがそのまま使われています。音源に直接リンクはだめと書かれています。しかしPTNAと関係なくこの動画に到達すれば、埋め込みを特に制限もしていません。埋め込みって直接リンクみたいなものですよね。どう解釈すればいいのでしょうか。たぶんPTNAが利用規定の改定を怠っているだけのような気がします。直リンクだめなら埋め込みも不可にすべきでしょう。

今回は著作権の問題のない動画を探していて、PTNAの新方針がグレーな存在であることに気がつき記事にしてみましたが、とりあえず埋め込みは使わないことにしました。

そういえばYou Tubeのアップロードの時間がこれまで10分だったのが、15分にするという新方針が示されました[3]。これまで10分だったのは10分を超えると違法な投稿が多いからだそうです。新方針では自動検出機能が発達したので15分でも大丈夫だそうです。本当ですかね。この前も私のDTMの演奏を著作権違反だと判定したばかりです[2]。とても疑わしいです。ちなみにこの前の著作権違反事件は私は異議申し立てをしたのですが、今でも異議申し立て中になっており、何も対処する様子は見られません。システムの不具合でSONYに大量の異議申し立てが行き、どうしようもなくなっているのかもしれません。

[関連情報]
[1] PTNA(ピティナ, 2010/01/29
[2] You Tubeの著作権情報, 2010/07/18
[3] Upload limit increases to 15 minutes for all users


2010-08-01 21:23  nice!(11)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。