So-net無料ブログ作成
検索選択

いま日本アニメが浮世絵の轍(てつ)を踏もうとしている [随想]

いつも私のブログを訪問頂くながぐつさんが「日本の芸術政策に思う」[1]と題して記事をお書きでした。私も意見があるのですが、長くなりそうなので、ながぐつさんへのコメントではなく、自分の記事にしてみたいと思います。

ながぐつさんの記事は芸術政策全般とともに特にアニメの殿堂に関して述べておられます。本日の私の記事はそのうちアニメの殿堂について書いてみたいと思います。芸術政策全般はまた別記事にしたいと思います。

アニメの殿堂は、特に当時の首相が漫画好きだったため、それに関連づけ、つぶすためにマスコミにより付けられた不名誉な名前です。本当の名前は国立メディア芸術総合センターといいます。ちなみに当時の首相が漫画好きだから計画したものではなく、その首相が首相になる前から計画は立ち上がっていました。ここから世の中には誤解があります。

実は設立者の中によく知った知人がおり、当時、その知人が記者会見でマスコミに悪者にされているのを見ているのはとてもつらかったです。私も知人がいるからこそ、この問題について深く考えることができました。私の意見は国立メディア芸術総合センターは必要だと言うことです。

しかしながら、政権交代の1つの象徴にされたことも知っており、そういう案件が政治上復活しないことは明らかです。現実的には、この案は一度白紙撤回し、形を変えた提案をすることが政治的には重要です。そして復活するためには、政治家、官僚が動く必要があり、官僚を動かすものは、1つ目が情熱、そして、適切な作文です。やはり、計画が正しいことを作文で証明する必要があります。また、国民に理解を求めるためには、簡単な理屈で構成されたコピーが必要です。その理屈は必ずしも正確なものである必要はなく、人の心を動かす理屈が必要です。そこで、それを作ってみようと言うのが、今日の記事です。もちろんこんな匿名ブログに書き込んでも社会的影響力は全くないのは知っています。

コピー
「いま日本アニメが浮世絵の轍(てつ)を踏もうとしている」

作文
「浮世絵がゴッホをはじめとする西洋の印象派の画家達にジャポニズムとなって強い影響を与えたのは周知の事実である。西洋の画家達を写実から開放したのは日本の浮世絵であったといっても過言ではあるまい。しかしながら、日本自身が浮世絵の価値が分からず、西洋画に価値を求めたため、浮世絵は衰退し、職人も離散し、版木をはじめ、浮世絵を構成する物品は廃棄、離散していった。わずかに西洋の美術館に持ち出されたものが現在重要な浮世絵の版木の一部となっているのは悲しい現実である。

浮世絵は立体感をあえて出さず、写実でなく、デフォルメしたところに価値がある。そして、その性質をそのままに動画として動き出したのがアニメーションである。日本のアニメーションは世界の最高水準であり、世界中で見られていることは日本人が誇るべき事実である。しかし、セル画をはじめ現場で使われている物品は離散・廃棄されつつあるのが現実で、また、そこで働く人の待遇は満足できるものではない。いまこそ、アニメーションは日本国が後世に残すべき文化であることを、日本人自体が認め、保存、復元に努めるべきである。また、人材の育成も国家の重要な課題であり、その中心となる施設は必要不可欠である。そこでここに国立アニメーション美術館の設立を提案するものである。」


どうでしょう。メディアと大きくつかんだ前案からアニメーションに特化させ前の案と区別しました。国立漫画喫茶と言われた現実を踏まえ今回は漫画には我慢して頂くのが適当でしょうが、いずれは漫画の保存も必要でしょう。また、浮世絵の例を挙げ、今の状況に焦燥感を抱くようにしました。

突然、変な作文をしたのでびっくりされた方も多いかも知れませんが、世の中の流れに逆らって考えていることを書いてみました。


[1] ながぐつ:日本の芸術政策に思う, 10/09/25


2010-09-30 00:00  nice!(12)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ああ勘違い(もみじ編) [音楽日記]

長女が紅葉の伴奏をすることになったという記事を書きましたが[1]、先週は教職員側の都合で先生が他の学年を教えることになり、音楽の時間がなくなったそうです。つまり今週が本番です。もみじの歌詞は著作権が切れてますので載せておきます。

紅葉(もみじ)
作詞:高野辰之(1876-1947) 作曲:岡野貞一(1878-1941)

1.秋の夕日に照る山紅葉、
  濃いも薄いも数ある中に、(A)
  松をいろどる楓や蔦は、
  山のふもとの裾模様。

2.渓の流に散り浮く紅葉、
  波にゆられて離れて寄って、
  赤や黄色の色様々に、
  水の上にも織る錦。(B)

子どもの時って、歌詞をいろいろ勘違いしていませんでしたか。この曲、私も勘違いしてました。私は今まで音楽は苦手ですから、逃げられるだけ逃げてきました。そう「紅葉」に関しても子どもの時からそのままなにも考えていなかったのです。つまり、子どもの時の勘違いをそのまま冷凍保存して今に至ってしまったのです。では解凍しようではありませんか。

それほど面白くないですが、私の勘違いとは上の歌詞の(A)(B)の部分です。

(A) 恋もウスイも数ある中に

恋の歌って世の中多いですよね。「恋」だと信じ切っていました。ウスイは何か分からないけど大人しか知らない難しい言葉で、どうせ恋の叙情を表す1つの言葉だろうと思っていました。今考えるとそれに続く「数ある中に」ってなかなか恋多き人なのですね。

(B) 水の上にもALL錦

英語だと信じてました!ちっとも疑ってなかった。なんだかビビッドな景色が目に映りませんか。

そして、この年にして正解を知りました。大人になると簡単に正解が分かるのですがね。子どもってバカというか、創造的というか。どうしようもないです。1つ間違うと親父ギャグになりそうなのでこの辺で・・・

[関連情報]
[1] もみじ, 10/09/19


2010-09-26 00:00  nice!(16)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

うちのピアノから見る日本経済の歴史 [随想]

先月、中古ピアノを購入したことは前に紹介しました[1]。そのアップライトピアノの機種名はYAMAHA U3Gで、1971年製のかなり古い機種です。アコースティックピアノは一台一台違う音がするので、聞き比べて娘が気に入った音がこのピアノでした。購入価格は約300,000円でした。

このU3シリーズ、皆さんに自慢できるような高級機種ではありません。最下位機種ではありませんが、庶民が買うピアノです。YAMAHAのウェブページには歴代の機種のラインナップがあります。YAMAHAのピアノをお持ちの方は一度確認されてはいかがでしょうか。

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/successive/

さて、このU3シリーズのページは以下のページです。

http://www.yamaha.co.jp/product/piano-keyboard/successive/index-002.html#U3series

この中から抜粋してみると日本経済が見えてきます。

機種名 年代         価格
#300  1946 ~ 1953    260,000
U3A  1954 ~ 1959    260,000
U3B  1954 ~ 1962.4   280,000
     1962.4 ~ 1963   265,000
U3C  1959 ~ 1962.4   260,000
    1962.4 ~ 1965    246,000
U3D  1959 ~ 1962.4   280,000
    1962.4 ~ 1964    265,000
U3E 1965.5 ~ 1966.4   270,000
    1966.4 ~ 1970.3   266,000
U3F 1970.3 ~ 1971.3 290,000
U3G 1971.3 ~ 1972.4 300,000  うちの購入機種
U3H 1972.4 ~ 1973.4   300,000
    1973.4 ~ 1973.12  350,000 第1次オイルショック(1973)
    1973.12 ~ 1974.7  400,000
    1974.7 ~ 1980.9   450,000 第2次オイルショック(1979)
U3M   1980.9 ~ 1982.12 510,000
U3A    1982.12 ~ 1987.2 550,000
U30Bl 1987.4 ~ 1989.3 565,000
       1989.3 ~ 1989.9 515,000
U30A   1989.10 ~ 1992.6 580,000 バブル景気(1986~1991)
       1992.7 ~ 1994.3 610,000
U300   1994.3 ~ 1997.8  660,000

日本がだんだん豊かになってピアノの値段もじわじわ上がってきた1971年製のピアノが私が買ったU3Gです。

その後、1973年と1979年のオイルショックとそれによる物価上昇によりすごいペースでU3シリーズの価格が上昇しています。

そしてしばらく安定期のあと、バブル景気でまた急激に上昇しています。

物価上昇やその時々の経済情勢でピアノの価格も動いていることが分かります。もしかしたらU3シリーズが滅んだのはその後のデフレ経済のせいかもしれません。

現行機種で名前が似ているのは
YU33 829,500円
です。これが後継機種かどうかはわかりません。

そしてもう1つ、うちのピアノU3Gは1971年の定価は300,000円で、なんと2010年の中古価格も300,000円という面白いことになっています。物価上昇分を考慮してもピアノというものは価値が下がらないものなのだなという感想も同時に持ちました。電子ピアノはここまで価値を保つことは不可能でしょうね。

PS:グラフにすればよいのですが、今日はその気力が出ませんでした。

[関連情報]
[1] ピアノがやってきた! , 10/08/19


2010-09-23 17:54  nice!(13)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

もみじ [音楽日記]

長女(小4)が音楽の授業の合唱の伴奏を音楽の先生から依頼されてきました。曲は

紅葉(もみじ)
作詞:高野辰之(1876-1947) 作曲:岡野貞一(1878-1941)

です。ピアノ教室に通って弾いている曲より難易度は低いですが、難しいところは

1、間違えられない。伴奏者がこけるとクラス全員がこけます。つまり完成度を上げなければなりません。

2、自分の練習曲ならゆっくりテンポでもいいですが、通常のテンポまで高めなければなりません。

です。なかなか大変そうです。ピアノを習っている児童が3人いて相互推薦で決まったようです。
曲は簡単ですが、曲の完成度を高める練習にとてもよいと思います。しかし音楽の授業はつぎの金曜日。間に合うのか。現在、とりあえず弾けますが、こけますね。

私もDTMしてみたいのですが問題があります。作詞・作曲の著作権は作詞家、作曲家の死後50年です。ということでこの曲本体は著作権フリーですが、編曲者がいるので、勝手に公開はできないようです。自分で伴奏つけるうでもないし・・・ちなみに映画の著作権は公開後70年だそうです。

むかし、むかし、私が小学生だったころも同じようにクラスでピアノが上手な子が伴奏をしていました。少なくとも私にはまさに音楽の時間のヒロインでしたね。今日は親ばか日記ということで・・・


2010-09-19 23:12  nice!(11)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団のYouTubeサイト [リンク集]

前回、ロンドン交響楽団をYouTubeサイトを紹介しましたが、やはりこちらを忘れるわけにはいきません。

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団のYouTubeサイト

http://www.youtube.com/user/BerlinPhil

指揮 サイモン・ラトル
ピアノ 内田光子
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番

私はラトルの熱い演奏が好きです。ラトルが若い頃は特に表情が情熱的でした。



昨年の小澤征爾さんのインタビューです。英語ですが・・・生い立ちや斉藤先生との出会い、カラヤンとの関係など語っておられます。



まだ、忙しい日々が続いており、今日も簡単な記事になってしました。今度の土日もまた仕事のようです。

[関連情報]
[1] ロンドン交響楽団のYouTubeサイト, 10/09/12


2010-09-16 00:00  nice!(12)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロンドン交響楽団のYouTubeサイト [リンク集]

ブログを書いていて動画をリンクしたいことが多いのですが、テレビの放送をそのままアップロードしたような動画は現在のところなるべく避けているつもりです。そうするとどうしても素人の演奏の動画になることが多いのが悩みの種です。高質な問題のない動画を探していて行き当たったのがロンドン交響楽団です。言わずとも知れた世界の超一流楽団の1つです。

ロンドン交響楽団のYouTubeサイト London Symphony Orchestra
http://www.youtube.com/user/Lso

現在、81の動画がアップロードされています。その中からベートーヴェン交響曲第6番第4楽章をどうぞ。



演奏会の模様だけではありません。マスタークラスという動画があり、ほとんどの楽器に関して一流の演奏家の講義が受けられます。その中からオーボエをどうぞ。



この土日は仕事で忙しく簡単に書ける記事になってしましました。


2010-09-12 00:00  nice!(11)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

加速器と音楽は関係があるのか! [音楽日記]

いつも私のブログをご訪問いただくoptimistさんが、高エネルギー加速研究機構(KEK)の一般公開を記事にされておりました。面白そうなので我が家でもKEKの一般公開に行ってきました。

2010年9月5日 KEK(高エネルギー加速器研究機構)一般公開2010

KEK3.jpg

うちの長男は理系の方に興味があるので、勉強する動機付けのつもりで、optimistさんが紹介している研究所の一般公開に連れて行ってます。まあ、私の楽しみが大きいかもしれません。これまでに今年行った研究所は以下のとおりです。

[1] 2010年4月18日 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 調布航空宇宙センター 一般公開

[2] 2010年5月22日 JAMSTEC横須賀本部の施設一般公開

[3] 2010年7月19日 東京湾海上交通センター 「海の日」一般公開

[4] 2010年7月31日 港湾空港技術研究所 一般公開

え?音楽に関係ないと!いえいえ、これからです。この高エネルギー加速研究機構(KEK)には「KEKコンサート」なるものがあって、年に何回もKEKにおいて、コンサートを行っているようです。

http://music.kek.jp/

さらに今年は「科学と音楽の饗宴」なるものも開かれるそうです。

http://www.kek.jp/ja/event/concert/2010.html

この組織、いったい何者!この組織、素粒子の研究組織ですが、この世の根源的なことを考えると、そこには美や調和があるということなのでしょうか。音楽が研究の助けになるのでしょうか。単に音楽好きな人がいるだけでしょうか。


2010-09-09 00:00  nice!(13)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ショパンと私の人間関係数珠つなぎ [音楽日記]

今日は軽い話です。今年生誕200年のショパンと私の関係をこのブログでおなじみの登場人物も交えて数珠つなぎしてゆきます。

Q: ショパンと同棲したジョルジュ・サンドをショパンに紹介したのはだれ?

A: フランツ・リスト

Q: リストの娘でリヒャルト・ワーグナーと最終的には結婚したのはだれ?

A: コジマ・ワーグナー

Q: リヒャルト・ワーグナー亡き後、ウィーン音楽界を支配したコジマ・ワーグナーに取り入り、ウィーン宮廷歌劇場の指揮者になったとされているのはだれ?

A: グスタフ・マーラー

Q: 美貌と才能あふれるグスタフ・マーラーの妻はだれ?

A: アルマ・マーラー

Q: アルマ・マーラーの死んだ年に生まれたのはだれ?

A: 私ことyablinsky

え?最後は人間関係でないと・・・失礼しました。それに年がばれている・・・・

あっさり書きましたが、1つ1つのQに人間ドラマがありますね。


2010-09-05 00:00  nice!(11)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ショパンの歌曲 [CD・DVD]

ショパンといえばピアノ曲ですが、ショパンも歌曲を書いていたのですね。ショパン全集[1]を買うまで知りませんでした。今日はそのショパン全集17枚目の歌曲のCDを聴いて見ました。

17のポーランドの歌 作品74
17 Polish Songs op. 74

その17の歌曲の中の1つ目が

1, Zyczenie (The Wish) 乙女の願い

です。お聞きください。



なんだかとても聞きやすい曲ですね。私は実力不足で歌曲を評論することはできません。ただ、この曲だけでなく、17の曲どれも聞きやすく良い曲と思います。リストはこの17の曲中、6曲を選んで編曲しているそうです。では同じ曲をリストが編曲したものです。



演奏のルイ・レーリンクさん、存じ上げませんが、日本にお住いの方のようで、ホームページもあるようです。すばらしい演奏です。

[関連情報]
[1] ショパン全集, 10/08/12


2010-09-02 00:00  nice!(12)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。